塩尻市 街の電気屋さん|リックスマツヤ

2015年7月10日 市内 大門 S様

photo

テレビドアホーン 取替
 
 チャイムからの変更
   壁にモニターを設置

 最適な位置へのモニター配線工事
  と
電源工事

photo

チャイムからテレビドアホンに交換する工事です。

photo

チャイム用ボタンです。

photo

和風の廊下の壁面の上部にチャイムがあります。

photo

既存のチャイムを外して、その電線をモニター部(来客応答機器)に適した場所、見やすい・操作しやすい位置まで延長します。

photo

チャイムを外すと壁中に配線が隠れています。
その電線を延長します。露出させないように壁中に配線します。

photo

細い電線用のコネクターを使用して接続します。

photo

長押(なげし:日本建築で、柱から柱に渡して壁に取り付ける横木)の中に隠して配線します。

photo

長押(なげし)の裏側に配線します。電線が目立ちません。

photo

長押の突き当りが物入れになっています。そこに電線を通して目的の場所まで目立たないように配線します。

photo

モニター部を取り付ける壁に電線を入れ込む工事をします。

photo


photo

壁内に電源ケーブルがあります。
この電源線を分岐してモニター部の電源として利用します。

photo


photo


photo

チャイムからの電線を壁内に入れ込みました。
壁際に取り付けた茶色のカバー内に最後に入れ込みます。

photo

この壁にモニターを取り付けます。

photo

取り付ける場所を開口します。

photo

真下にあるコンセントから電源線を引き出します。

photo

コンセントから電源を引き出します。

photo

電源コンセントと玄関へ通じている電線を取出し。モニターの取付金具を取り付けます。

photo

モニターを取り付けました。

photo

チャイムのあった場所に目隠しプレート付けて目立たないようにしました。

photo

玄関子機をチャイムボタンを外して付け直しました。
カメラが付いていますので訪問者の様子がハッキリと解ります。録画機能が付いています。帰宅後に訪問者の顔が確認できます。

photo

夜の訪問者を照らすLEDライトが付いています。

←その他の工事の一覧ページに戻ります。

photo

テレビドアホーン 取替
 
 白黒の旧型からの変更
 大画面カラー液晶モニター

 玄関子機を斜めに
 
来客の方向に専用取付台を
         着けまし
た。


photo

白黒モニターです。
鮮明な画像ではありません。
来客の顔や表情は良く判りません。


photo

カメラ付き玄関子機は来客の方向には向いていません。

photo

取り外したら以前の塗装の壁が見えました。

photo

設置の角度を内側方面に向けるために、
角度調整台(¥980)を追加設置しました。

photo

約30度内側に向けることができました。

photo

玄関子機を付けました。

photo

夜の来客の方にはボタンを押すと
LEDライトで姿が良く判るように照らします。

photo

不在のときの来客は
約30秒間の録画録音します。

←その他の工事の一覧ページに戻ります。